ISO9001を取得して信頼ある企業へ!

システム

監視の意義

セキュリティ

世の中にはサーバーに支えられています。しかし、いくらサーバー上にたくさんのデータが保存できたとしても、何らかの表紙で消え去ってしまう危険性もあります。そのため、災害時に消えないようバックアップをとっておくのが最善策です。

Read More

企業内のデータ管理

コンサルタント

PCやネットが発達してから、様々な企業が大量のデータを保持するようになりました。そのため、サーバーの監視は企業にとっては必要不可欠となっているのです。大量にデータが増える分、サーバーの脆弱性が高まってしまうからです。

Read More

サーバーとは

オフィス

社内のマニュアルを作成し、徹底的に遂行することによって取得することができるISO9001ですが、実際に取得するには社内のセキュリティの強化をする必要があります。サーバー監視のマニュアルを確立してISO9001の取得を目指しましょう。サーバーについて解説していきます。サーバーは、何なのかと問われれば、「サーバー室に置いてあるでっかいハードディスク」と答える人もいるかもしれません。しかし、この答えは半分正解で、半分不正解です。そもそもの語源が、サービスを提供するものがイコール「サーバー」だったそうです。これを、IT業界では、コンピュータ機器を指します。つまり、サーバーたるコンピュータ機器は、依頼者の要望を実現する機器なのです。従って、ユーザーが、もっと容量の大きい記憶容量が欲しいと要望をだし、それを実現するのがオンラインストレージだったりします。このオンラインストレージを、実現しているハードがサーバーなのです。他の例で言えば、とあるWEBページを閲覧したいユーザーがいて、それを実現するのがサーバーたるコンピュータ機器なのです。このように、定義が分かれば、世界にあふれるオンラインサービスが、サーバーに支えられていることがよくわかると思います。故に、EMAなどのサーバー監視がいかにISO9001を取得する上で大事なことなのかがわかると思います。企業にとって大きな信頼を得ることが、ISO9001の取得を実現します。

EMAなどのサーバー監視は、企業にとっては必要な業務です。なぜなら、業務の途中でサーバーが停止したりしたら、それこそ大きな損害となりえるからです。もはやどんな業界、どんな業種でも必要なものとなりました。しかし、これは企業の膨大な業務データが一箇所に集まっているという状態でもあるわけです。重要なデータが一か所に集中してしまうと、それだけ業務データが脆弱であることを意味します。そんな時に、企業の信頼を守る存在として、WAFが存在するのです。第三者からの不正アクセスを防ぐファイアーウォール的なシステムなので、どの企業でも改善のために導入されているのです。システム面でも改善が必要となる度に新しいマニュアルを導入しましょう。ISO9001の取得に繋がります。これらのシステムを運用するのも、人の手によるものなのです。どれだけ有用なシステムを導入しても、運用に関するマニュアルが確率していなければ意味はありません。結果的に社員の教育を行ない、マニュアルを作り上げることが重要なのです。ISO9001はそのため存在しているといっても過言ではないでしょう。

様々なサーバー

メンズ

世の中にはサーバーの存在によって可能なサービスが溢れています。それによって、マーケティングの簡略化などに役立ちます。そんなサーバーでも常に監視が必要で、新ウィルスが出回り、定義ファイルの更新が必要になるからです。

Read More